会話アイテム・音楽/異業種交流の総合情報【パーティーガイド】

HOME > 会話アイテム > 音楽

会話アイテム『音楽』     
面白 お祭り 芸能 ファッション クリエイティブ
映画 音楽 旅行 地域 豆知識
社会情勢 政治 経済 金融科学

まずは一番身近な J-pop をチェック!

J-POP 画像 J-POPとは、J-POPのJはJapaneseの略。POPはポップミュージック(クラシック音楽やフォークソングとは区別される)の略です。
買い物に行ってもよく流れて耳にする機会の多いポップス。特に若年層でのパーティーでは話題のネタになる事が多いのではないでしょうか??

でもだからこそ、注意が必要です。一口にポップスと言っても、今では様々なジャンルが邦楽として歌われているので、パーティー中で出会った人と、全く同じアーティースト、曲が好きだという事はまれでしょう。
また、少し年代の離れた方とお話する時は特に注意が必要で、若い方に70年代の話をしてもほとんどが通じないでしょうし、同じアーティストの事を話していても、その時自分は何歳だった~といった話題になれば、女性の場合話すのをためらうかもしれません。

その上、最近では歌手のデビュー人数がかなり増えてきています。
なんと年間450以上の歌手がデビューしています!!再デビュー等も含めると500を超えるそうです。
話題作りの為に、最近の音楽もチェックしておきたい!という方はとりあえずリサーチする事が必要です。

例えば昨年のレコード大賞の曲はEXILEの「I Wish For You」でした。
ちなみにEXELEは皆様ご存知の通り、3年連続3回目の受賞となり大変話題を呼びました。
そういった、はずれの無い所からチェックするのも良いですし、オリコンランキングや音楽ダウンロードランキング等で今現在売れている曲をチェックしても良いでしょう。
そうすると、お相手も知っている確立は高いですし、もし万が一知らなかったとしても、メジャーな曲ならマイナスイメージになりにくいでしょう。

また、邦楽といえば…日本はアニメがとても有名でアニメソングも人気があります。しかし、こちらは初対面では話題にしない方が良いでしょう。趣味が合えば良いのですが、お相手の方が興味がないと「オタク」だと思われる事が多いからです。
特に、女性の方には理解されない事が多いので、男性の方は気を付けましょう。
少し難易度の高いポップスですが、話題さえ合えば盛り上がって、一緒にライブへ行きましょう!と、次の約束が出来る可能性も高くなるかもしれませんよ。

高尚な趣味をアピール出来る クラシック をチェック!

クラシック 画像 クラシックは世界的に有名な曲も多く、お相手が例えば楽器等・音楽経験をした事がある人でしたら、一緒に盛り上がれるのではないでしょうか?
また男性の方も、詳しいのであれば、お相手の女性が興味があるか分からなくても話してみるのもいいかもしれません。
教養の高い方なんだ…と好イメージに繋がる事もあるからです。しかし、お相手があまり興味がない場合は語りすぎて退かれないように注意が必要です。

一口にクラシックと言っても、様々な種類に分類出来ます。管弦楽(オーケストラ)・吹奏楽・声楽・舞台音楽等です。
また、「印象に残るクラシック音楽」のランキングを以下に記載しますので、ご参考にしてみて下さい。

印象に残るクラシック音楽ランキング(goo調べ


1位  G線上のアリア
2位  惑星「木星」
3位  交響曲第9番「合唱」
4位  別れの曲
5位  交響曲第5番「運命」
6位  ピアノソナタ「月光」
7位  ボレロ
8位  トッカータとフーガ 2短調
9位  威風堂々
10位  天国と地獄

吹奏楽とオーケストラの違いですが、大きく言いますと、オーケストラはヴァイオリン等の弦楽器主体なのに対し、吹奏楽はクラリネット・サックス・フルート・トランペット等という管楽器中心の団体の事を言います。

またオーケストラの楽曲を吹奏楽版にアレンジし、管楽器での編成を組んでいる楽曲も多数存在するので、管楽器・弦楽器経験者に関わらずお話出来るのではないかと思います。
また吹奏楽・オーケストラを経験した事が無い方でも、幼少時にピアノをされていたりで、お話が盛り上がる可能性はありますので、クラシック好きであれば、積極的に話題にしてみると良いのではないでしょうか。

その他のジャンルをチェック!

その他のジャンル 画像

■R&B

そもそもR&Bとは何の略かと申しますと、リズム・アンド・ブルースの略でジャズやブルース、ゴスペル等のブラック・ミュージックが発展した物の事を指します。
アメリカでは1960年~その地位を確立し、世界へ広がって行きましたが、日本でブームになったのは最近の事で、1998年ごろからのMISIAや小柳ゆき、宇多田ヒカル等がその火付け役になりました。
HMV等の音楽サイトで、ジャンル別のランキングが確認出来ますので、チェックしてみると良いでしょう。

■ロック

ロックとは、1950年代に黒人音楽と白人音楽の融合で生まれた、ポピュラー音楽のジャンルに含まれる音楽です。先ほど上記でご説明致しましたR&Bと共に世界中に広まったアメリカ発の音楽です。
一口にロックといいましても、ハードロック・パンクロック・へヴィメタル・オルタナティヴロック等、最近では様々なロックが演奏されています。日本でも様々なロックバンドが存在し、サマーソニック等のロックイベント等も多数開催されてますので、話題としては事欠かないのではないでしょうか。

■ジャズ

ジャズはアメリカニューオーリンズから発祥した音楽で、アフリカ系アメリカ人の音楽形式と西洋音楽が融合した形になっています。ジャズと言っても、スウィングジャズ・モダンジャズ・シンフォニックジャズ・アシッドジャズ・フュージョン等様々。
演奏の中に、ブルーノートといった独特な音やスウィング、シンコペーション等が盛り込まれていて非常に特徴的な音楽になっています。
また、楽譜に書かれていない事を即興で演奏する「アドリブ」がジャズの醍醐味のひとつ。アドリブは、その場その場の一瞬の判断で、正確に繰り広げていかなければなりません。一流とアマチュアの差は、この点にはっきりと表れてくるそうです。
ジャズ好き同士であれば、ブルーノート等のジャズクラブにお誘いしても良いかもしれません。迫力あるライブを聞きながら、食事を楽しみ、ムードたっぷりの時間を過ごす事が出来るでしょう。

■ゴスペル

ゴスペル(Gospel)とは、God Spell →Good Spell(良い知らせ)が変化した言葉だと言われ、日本語では、福音(良い知らせ)と訳されます。17世紀に奴隷としてアメリカ大陸へ連行された、アフリカ人が、救いを与える福音と出会い、神に彼らの賛美を捧げるようになったのが、ゴスペルの始まりです。
ゴスペルと言うと、アカペラの音楽やハーモニーの音楽、映画『天使にラブソングを』のような黒人教会で歌われている歌のイメージが強いと思います。
確かにこれらもゴスペルなのですが、聖書のメッセージにメロディーをつけたもの全般をゴスペルミュージックと呼ぶようになった事から、音楽のジャンルには関係なく、歌詞が聖書のメッセージであれば、それは全てゴスペルミュージックであるとの認識に今はなっているそうです。
女性の習い事として、ゴスペルは人気のようですので、合唱が趣味だという方には話題にしてみても良いかもしれません。

まだまだ他にもいろんなジャンルがあるかと思いますが、音楽総合サイト等で小まめに最新情報をチェックして、パーティー中のお話のネタに役立てて頂ければ、と思います。

HOME > 会話アイテム > 音楽

NEW PARTY

ABOUT PARTY
INTERVIEW
PREPARING FOR THE PARTY
AT THE PARTY
AFTER THE PARTY
PARTY TECHNIC
TALK ITEM
CELEBRITY STYLE
PARTY参加前に美女力UP
おすすめレストラン
PARTY参加前に占いチェック スタッフブログ privacy mark
ページトップへ