会話アイテム・ファッション/異業種交流の総合情報【パーティーガイド】

HOME > 会話アイテム > ファッション

会話アイテム『ファッション』     
面白 お祭り 芸能 ファッション クリエイティブ
映画 音楽 旅行 地域 豆知識
社会情勢 政治 経済 金融科学

アメカジ

アメカジとは、アメリカン・カジュアルを短縮して呼ぶ日本語の造語です。
アメカジは、アイビールック、サーファースタイル、ウエストコーストスタイル等を代表とする、アメリカの大学生を手本にしたカジュアル・ファッションスタイルを総称して言います。
活動的で清潔感があり、学生らしさを感じさせるスタイルが源流となっています。カレッジ、スポーツ、ワーク、ミリタリー、サーフ、ウエスタン、等多くの系統がありますが、本来は非常にベーシックでかつシンプル。スタンダードで着まわしのきくアイテムが多いので、買い足して長く着られるのが特徴。
もうひとつの特徴と言えば、何と言ってもアイテムの素材感。温かみのある生地が心地よい「ネルシャツ」は、アメカジ系の代表的アイテムです。

アンタイド

アンタイドとは、ネクタイを締めない、カジュアルテイストのスタイルの事です。ネクタイがない分、胸元のおしゃれはシャツ選びにかかっています。
アンタイドだからこそプレスの効いたシャツをピシッと着る場合もあれば、アンタイドだからこそストライプやチェック、カラードシャツといった遊び心を発揮する場合もあります。

裏原ファッション

裏原ファッションとは、神宮3~4丁目のショップから発信されるスタイルでヒップホップ系のストリートファッションが中心になっています。ネオ・ヒッピー族、スケーター系、ロンドン系のブランドが目を引きます。
若い男性をターゲットにした店が多いのも、特徴のひとつとしてあげられます。また昔、ここで自ら作品を制作していたカリスマ的存在のデザイナーが、海外の有名スポーツメーカーに起用されたというサクセスストーリーも、裏原人気につながっているようです。

エスニック

エスニックとは、民俗的・民族的という意味で、アフリカや中東、中南米、中央アジア等の伝統的なスタイルを指す事が多いようです。
キリスト教圏以外の民俗ファッションを広く指し、異国への憧れや懐かしさ、安らぎを感じさせる独特の魅力を持っています。1989年に、ロングフレアースカートやサンタフェスタイルが流行すると、エスニックスタイルも、一気に広まり、以後、何年かに1度のサイクルで、大きなブームになっています。
デザインは、動物や自然をモチーフにしたものや、伝統的な模様を用いたものが多く、やさしい色遣いが印象的です。
エスニックに洗練した都会感をプラスしたものは、エスニックモダンといいます。

コンサバ

コンサバとは、流行に左右されない控えめなファッションスタイルの事です。
保守的や控えめなという意味も持ち、最新の流行やトレンドに左右されない、ベーシックなファッションスタイルを指す事が一般的です。最近のコンサバは、控えめな保守的さの中にエレガントな雰囲気をまとった、お嬢様風も兼ね備えたオシャレなファッションが主流となっています。
コンサバと一口に言っても、超保守的なコンサバから、かなり流行を取り入れたもの、セクシー系なスタイルまで、幅広く展開してきているようです。

サイケデリック

サイケデリックは、幻覚を引き起こすといわれる薬・LSDの服用によってもたらされる症状に似たファッション、音楽、アート、風俗を総称して呼ばれる事が多いようです。
光や色、音等の感覚的な認識による従来の表現を打ち破り、人間の自由を得たいというヒッピー思想が各方面に影響し、とくにファッションで用いられる場合は、多彩で夢幻的な感覚を表した蛍光色や光沢素材、極彩色の幾何学模様等を指します。

セミフォーマル

セミフォーマルは、正礼装の次に格式が高い準礼装であり、フォーマルウエアより、活動頻度が高いです。
普段着よりワンランク上の服装で、ちょっとしたパーティや、子どもの入学式、卒業式等に着る服を指します。女性はスーツやワンピース等でアクセサリー類は、ゴージャスより、シンプルなデザインのほうが無難です。
また服の素材は、シルクやウール、カシミヤ、ジャガード等がおすすめです。男性はタキシードが本来のスタイルですが、ニューフォーマルと言われる、略礼服を着る人が増えているそうです。

タイドアップ

タイドアップとは、ネクタイを締めているスタイルを指します。男性のスーツスタイルで最も注目され、最も目立つのが胸元のネクタイです。その人のセンスが問われるアイテムなので、ネクタイ選びにはこだわりを持つ男性が多いようです。
TPOや他アイテムとの組み合わせによって、ネクタイのバリエーションを楽しむ事も出来ます。

トラディショナル・トラッド

トラディショナル・トラッドは、トラッドとも略され、アメリカの東部海岸を中心にニューヨークやボストン等で流行のスタイルです。
全体的にスポーティで機能的な雰囲気で、明確な着こなしのルールが設けられている数少ないファッションでもあります。
ブレザー、チェック柄のパンツ、ボタンダウンのシャツといった組み合わせやタータンチェックを使った、オーソドックスなものが一般的です。どちらも流行にされず、受け継がれてきた、国民的なファッションスタイルです。

パンクファッション

パンクファッションとは1970年末、ロンドンから巻き起こったパンクロック・ミュージックと共に生まれ育ったファッションスタイルの事です。反体制へのメッセージを込めて過激に、ときには破壊的に、挑戦的な意志をもったスタイルで、例えば革のジャケットやパンツを愛用し、破けたジーンズをはき、服にペンキを塗ったり、安全ピンや剃刀をアクセサリー代わりに用いたりしています。

ヒッピー

ヒッピーとは、長髪、ヒゲ、Tシャツや簡素なコットンシャツ、手作りのアクセサリー等が特徴のアメリカ生まれのファッションで黒人暴動がきっかけで誕生しました。
単なる服装のスタイルではなく、愛や平和、自然への回帰をテーマにした主張あるファッションとして、他と一線を画しています。髪やヒゲをのばしっぱなしにし、ナチュラル素材のシャツに洗いざらしのジーンズ、素足等のスタイルは、急速に全米の若者へ波及しました。

フォークロア

フォークロアとは、民俗風習、部族の衣装の特徴を用いたファッションスタイルです。
エスニックとほぼ同意語ですが、多少洗練されたニュアンスがあり、アジアやアフリカというよりも、南米や北欧のイメージが強めです。とくにアクセサリーは重要で、レースや羽根、ビーズを使ったものや、手作りの温かみのあるものが多用されています。

フォーマル

フォーマルとは、ファッションでは、最も格式のある礼服の総称として使う事が多いです。
セレモニーや特別なパーティ等で着る正式な礼服で、昼間の礼装、夜の礼装という分け方もあります。男性はモーニング、女性はアフターヌーンドレスやイブニングドレスが代表的。合わせるフォーマル・シューズは、エナメル素材が多い。女性はネックレスとイヤリングをつけると、より正式な雰囲気になりますが、材質に迷ったら、真珠を選ぶと失敗はないでしょう。男性はネクタイやチーフでアクセントをつけるのが王道です。

ボヘミアン

ボヘミアンとは、ボヘミア地方(チェコスロバキア)の民族衣装やジプシーのファッション要素を取り入れたスタイルを指します。
ジプシーのフランメンコ衣装等も、そのひとつです。ボヘミアンは、ぺザント(農婦)、フォークロア(民族的な)、ロマンティック(詩的な)等、ヨーロッパの民族衣装をイメージしたデザインを表現し、フェミニンなレースのロマンティックな上下にウエスタンブーツを合わせるというようなコーディネート等、意外な組み合わせが、新鮮な印象を与えるファッションスタイルといえます。

ボンテージ

ボンデージとは、身体を締め付けるようなレザーやエナメル素材を用いる、パンクファッションの典型的スタイルのひとつです。
「拘束、束縛」等の意味を持ち、ボンデージ・ルックは、レザーやエナメルの素材で、身体を無理に締め付けるようなデザインのパンツスーツ、編み上げブーツ等、ハードで官能的なファッションスタイルを指します。
1970年代頃にロックミュージシャンがパンクファッションを舞台衣装として取り入れたのをきっかけに、イギリスで広まりました。街の若者たちが鋲やカミソリ、安全ピン等をアクセサリーにしたり、髪を奇抜に染める等したパンクファッションの中の典型的なスタイルのひとつです。

マニッシュ

マニッシュとは、女性が男性的な装いのエッセンスを取り入れたスタイルの事で、「男気取りの、女が男のような」といった意味です。たとえば太い縄編のセーターに細いジーンズを合わせたり、ネクタイを締めた格好をしたり、従来、男性だけの装いだった要素を大胆に取り入れています。
ユニセックスとは違う味わいのスタイルで、男性っぽい要素が入れば入るほど、むしろ女性らしさが強調されるという不思議なファッションです。男性っぽい格好に、あえて長いネックレスを重ねて装飾するような試みが広がり、微妙な色っぽさがあります。

マリンルック

マリンルックとは、夏の定番スタイルとして人気を誇る水兵服をテーマにしたファッションスタイルの事で、デザイン、色、素材等、水兵服からヒントを得ています。
例えば、大きな衿のセーラーカラーのジャケットや、イカリやヨット、舵等のモチーフをプリント柄やアクセサリーに用いたり、ボーダー柄のTシャツ、デッキシューズ等が代表的なアイテムとして知られています。

ミリタリー

ミリタリーとは、軍の、軍隊のという意味で、ファッションでは古今の軍服テイストを取り入れたスタイルを言います。
ミリタリールック、ミリタリースタイルの略称として広く、男女のファッションに取り入れられています。迷彩柄やカーキ色のアイテムが多く使われています。また、アーミールックと呼ばれる事もあります。

ユニセックス

ユニセックスとは、男女の区別がなく、どちらでも着こなせるデザインのファッションの事を指します。もともとシルバーのアクセサリーや香水等は男女間のボーダーラインがあいまいなところもありましたが、最近ではジーンズをはじめ洋服についてもユニセックス化が進んでいます。女性が男物のジャケットを着たり、男性がぴったりしたシャツを着たりするのも、ユニセックスのひとつのスタイルといえます。

レトロ

レトロとは、1950~1970年代くらいの、少し懐かしい流行を今風に取り入れたレトロファッションの事を言い、過去の流行スタイルが新鮮なデザインになって再登場したものを指します。
いわば、昔のものが再評価されたという意味において、リバイバルされたファッションスタイルともいえるでしょう。レトロファッションは、昔懐かしい心地よさを醸しながら、生き方の主張も表現しているといわれています。

ロコ

ロコとは、ハワイで生まれ育った人の事で、彼らに象徴されるサーフィンや海岸をイメージしたものが、ロコファッションです。日本では女子中高生を中心に広まりました。ハワイをイメージしたタウン&サーフのスタイルは、かわいいキャラクターやハイビスカス、魚等をモチーフにしたものが目を引きます。ビーズや貝殻を使ったアクセサリー等をプラスして、全身で南国のイメージを表現する事が出来ます。

ロリータ

ロリータファッションとは、レースやフリル、リボンを施した幼くてロマンチックなファッションです。ふっくらしたスカートと造花をあしらった帽子やアクセサリーをつけるのが基本ですが、その他に細かい定義はなく、いくつものスタイルに分類されています。たとえば全身真っ白なコーディネートは、ホワイトロリータ、パンクテイストを加えたパンクロリ、フランス人形のようなボンネット等をかぶるのは人形ロリ、甘いロリータのイメージに中世ゴシックホラーのイメージを加えたゴスロリは、ビジュアル系バンドの衣装にも使われ、知名度が高くなっています。

HOME > 会話アイテム > ファッション

NEW PARTY

ABOUT PARTY
INTERVIEW
PREPARING FOR THE PARTY
AT THE PARTY
AFTER THE PARTY
PARTY TECHNIC
TALK ITEM
CELEBRITY STYLE
PARTY参加前に美女力UP
おすすめレストラン
PARTY参加前に占いチェック スタッフブログ privacy mark
ページトップへ