会話アイテム・地域/異業種交流の総合情報【パーティーガイド】

HOME > 会話アイテム > 地域

会話アイテム『地域』     
面白 お祭り 芸能 ファッション クリエイティブ
映画 音楽 旅行 地域 豆知識
社会情勢 政治 経済 金融科学

知っているようで知らない!? 地域別の面白話 ~国内編

地域別の面白話 画像

【宮城県】

■仙台名物が牛タンのわけ
戦後、岩手県金ヶ崎町千貫石に米軍のキャンプ地が設営された際、米軍はステーキを好んで食べていたそうです。
しかし彼らはタンやテール等を食べずに捨てていた為、それまで食べていなかったタン等も食べられるよう工夫し、牛タンが誕生したそうです。

■有数の米どころ宮城県民の好物はスパゲティだった!?
2000年は16位だったスパゲティ購入量が、今や全国1位の宮城県。その理由は2002年の日韓ワールドカップ。宮城県はイタリア代表のキャンプ地となっていて、2005年イタリアブームをきっかけにスパゲティ購入量が日本一になったとの事。
また、意外に宮城県民は牛タンを食べないとか…。

【愛媛県】

■愛媛県民はみかんで米を炊く!?
ご飯を炊く際に、通常のお水にミカンジュースを混ぜてご飯を炊くと、やたらさわやかになるからだとか。
昭和58年頃から学校給食において採用。同様に「みかんパン」も給食に存在するとか。

■蛇口から名産品が出る!?~愛媛県編
松山空港にみかんPR目的でポンジュースが出る蛇口を設置。毎月第3日曜日に開催!ぜひ足を運んでみて下さい!

【長野県】

■長野県民はケンカしても歌を歌う事で仲直り出来る!?
長野県民であれば知らない人はいない「信濃の国」。長野県は明治時代、南と北に分かれており、北部が長野県、南部が筑摩県といいましたが、1876年に統合し、今現在の長野県となりました。けれど統合後、北と南都の間に亀裂が発生。
1948年には分裂の危機に陥り、分けるかどうか議会で決める事に。そのとき傍聴席から「信濃の国」の合唱が始まり、その結果分裂は回避されたそうです。そして「信濃の国」は今、県歌となっています。

【香川県】

■蛇口から名産品が出る!?~香川県編
高松空港にうどんPR目的でうどんのダシが出る蛇口を設置。毎日10リットルが無料で提供。訪れる人の中には、お椀内に麺だけを入れて持ってくる人もいるそうですが、それはお断りをしているとか。ぜひ足を運んでみてください!

【京都府】

■蛇口から名産品が出る!?~京都府編
宇治市のほとんどの小学校では、蛇口を捻れば熱い番茶が出てくるそうです。システムとしては50年以上前に導入されたものであり、毎朝生徒の登校前に、巨大なタンク内にほうじ茶がたっぷりと作られるとか。

【北海道】

■ヤリキレナイ川という川が実在する!
そもそもの名前はアイヌ語で「魚の住まない川」を意味する「ヤンケ・ナイ」、または「片割れの川」を意味する「イヤル・キナイ」だと言われていますが、明治時代に、たびたび氾濫した河川を住民が「ヤリキレナイ川」と呼び始めたのが読み方として定着したといわれています。

【山口県】

■「向津具(むかつく)」という地名がある!
山口県長門市に位置。向津具半島。

【千葉県】

■日本一の貝塚がある!
千葉市若葉区桜木8丁目にある「加曾利(かそり)貝塚」は、日本一の大きさで、
世界でも最大級といわれる縄文時代の貝塚です。

【愛知県】

■日本一長い地名!
その名も『愛知県海部郡飛島村大字飛島新田字竹之郷ヨタレ南ノ割』。
伊勢湾沿いのこの飛島村は大都市の名古屋市に隣接しており、臨海地域に鉄鋼関連の事業所や発電所、輸出関係の倉庫等が林立している、想像する「村」のイメージからは程遠いようです。
「ヨタレ南ノ割」という少し変わった地名は、この土地が200年ほど前に開拓された土地である事に由来。区画を「いろは」の順番で割ったため、「イロノ割」「ハニノ割」「ホヘノ割」「トチノ割」「リヌノ割」「ルヲノ割」「ワカノ割」「ヨタレ北ノ割」「ヨタレ南ノ割」 というように、ただ順番で地名を名づけられただけの地名なので、「ヨタレ」自体には特に意味はないそうです。

知っているようで知らない!? 地域別の面白話 ~海外編

【韓国】

■バレンタインデー、ホワイトデーと並ぶ『ブラックデー』とは!?
これは韓国で4月14日に行われるれっきとした記念日の一つで、バレンタインデーやホワイトデーで恋人が出来なかった者同士が集まり、チャジャン麺という黒いあんかけをかけた韓国の麺料理を食べるという、何となくセンチメンタルな気分になってしまう日です。ここ数年で生まれた新しい習慣だとか。今後日本でも流行ったりするかもしれません。

【イタリア】

■チーズを担保に銀行からお金を借りる事が出来る!
イタリア中部にある一部の銀行では、1950年代から熟成中のチーズを担保として融資が可能となっています。
対象商品となるのは、チーズの王様である「パルミジャーノ・レッジャーノ」。イタリア北部のエミリア・ロマーニャ州で作られ、熟成に最低2年ほどかかり、4月1日から11月11日の間に搾られた生乳だけを使用する事等の条件がある高級品です。

なぜこのような事が可能なのか?その理由は、チーズ生産者救済の為にありました。チーズ生産者の方は、チーズが売れるまでの間、つまり、チーズが熟成している2年間は売り上げがないので資金繰りがとても大変です。という事で銀行がチーズを担保に融資しているのだそうです。今も銀行にあるチーズの熟成専用貯蔵庫には40万個ものチーズがあり、プロの熟成士がしっかりと管理をしているのだそうです。債務者が払えない状況になった場合は、銀行側は担保となっていたチーズを売り、その代金をしっかりと回収するそうです。

■マザコン男性多し!?
よく耳にする「オーマイゴッド!」は、イタリア語では「マンマ・ミーア!」と言う事は皆様ご存じのとおりですが、これは直訳するとそのまま「私のお母さん」。これにより判明する事実は、イタリア男性がいざという時に頼りにするのは神では無く、母親なのであるという事です。また、「お母さんの料理に勝る食べ物はこの世にない」と平気で言い放つのもイタリア男性です。
ただ、日本の「マザコン」ほどのマイナスイメージは無いようです。

■レシートを受け取らない客を取り締まる『レシート警察(正式名称:財務警察)』が存在する!
イタリアではレシートを渡す事、レシートを受け取る事が法律で義務付けられているため、レシートを受け取らずに店を出ると、財務警官に呼び止められる事があるそうです。レシートだけでなく、脱税・詐欺・通貨偽装・密輸・不労働等を取り締まるのが彼らの仕事で、普段は私服でいる事が多いそうです。

■靴ずれを解消する『靴の履き慣らし屋』という職業が存在する
持ち主より先に履き、1時間ほど歩いたり走ったりする事で、顧客の足に馴染む履きやすい靴に変えて渡す職業です。

【ドイツ】

■別れを伝えるだけの仕事がある
ヨーロッパでは、恋愛が破局を迎えた際に相手に面と向かって別れ話をいうのは気が重い…そんな時に代理でお別れの言葉を伝える仕事が存在します。
この仕事を最初に始めたドイツのエージェンシー社によると、電話で別れを伝える場合/29.95ユーロ(約3400円)、相手を訪問して直接に別れを伝える場合/64.95ユーロ(約7500円)等、各種のコースのなかから方法を選ぶ事が出来るそう。

【アメリカ】

■ドライブスルー結婚式場!!
アメリカのラスベガスに存在する、車に乗ったまま10分で手続きが完了という、お手軽な結婚式場。
まず事前に役所に行き「結婚ライセンス」を貰います。書類申請代は約5500円で役所は週末は24時間開いているとの事。
そもそもアメリカの場合、どんなに小さくても式を挙げなければなりませんが、ラスベガスにはドライブスルー結婚式場を含めて40軒ほど簡単に式を挙げてくれる所があり、ブリトニー・スピアーズが2004年に幼馴染と結婚したのもこのラスベガスの簡単結婚なんだとか。

【アルゼンチン】

■アルゼンチンのスーパーでは、会計前に開封をして食べてしまう人がいる!
「どうせレジでお金払うんだから、いつ食べたっていいでしょう?」という事らしいです。

■ブティックのマネキンが着ている洋服にお触り禁止!
マネキンが着ている洋服は、大抵売ってもらえません。たとえ欲しいサイズが店内になく、マネキンが着ている洋服がそのサイズだとしても、最後の一着だとしても、売ってくれない可能性が非常に高いです。

■銀行や両替所で、携帯電話で話したりメールをしてはいけない!
外にいる仲間…いわゆる「強盗」や「ひったくり」と連絡を取り合わせないという、危険防止のため。

■バス停には、時刻表がない!
待ってればいつか来るでしょう。それがアルゼンチンの人たちの考え方。

■小銭がないなら、コレクティーボ(バス)に乗ってはいけない
お釣り銭をバス内で作る事が出来ないためだそうです。大きなお金しかない場合は、潔く諦めるのがアルゼンチンの人たち。

■徹底されたレディーファースト!
例えば、カフェやレストラン入店時、男性がドアを開け、女性を先に入れてくれます。
上着を脱ぐのを手伝い、椅子を引いて女性を座らせてくれます。これはなにも夫婦や恋人に限った事ではなく、男友だちと出かけたりしても、同じようにしてくれます。
コレクティーボ(バス)に乗る時等も、先に男性が並んでいたとしても、女性たちから乗せてくれる徹底ぶり。たとえ観光で訪れただけだとしても、アルゼンチンではレディーファーストに気を配るようにしましょう。でないと四方八方からブーイングを浴びる事になるかもしれません…。

【イラク】

■イラク等の中東でお辞儀をしてはいけない
中東全般がそうなのですが、「まるでピエロだ!」と手を叩き指をさされて笑われるそうです。

【ナイジェリア】

■自動車窃盗事件の容疑者として、大真面目にヤギを逮捕!
窃盗グループが路上に止めてあった自家用車を盗もうとした際、現場にいた自警団に目撃されました。数名を捕まえましたが、寸前のところまで追い詰めた犯人の1人が、たどり着いた時にはヤギに変身していたのだそうです。「犯人だ!」と思った警察は、そのままヤギを逮捕したという事だそうです。
その際世界はこの事件を次のように報道いたしました。
(1)BBC NEWS 『| Africa | Nigeria police hold 'robber' goat』
(2)HEAVEN『強盗犯が黒魔術をつかって変身したものとして警察がヤギを逮捕―ナイジェリア』
(3)ナイジェリア新聞『容疑者はヤギに変身した』
その後ヤギは警察の取調べを受けましたが、取調べに対して終始うなだれ、地面にはいつくばった状態だったそうです。地元民はこのヤギの釈放を警察に求めましたが、警察関係者は容疑が晴れていないため、このヤギを釈放しないと断言しているそうです。
西アフリカでは、いまもなお黒魔術が信じられています。最近ではコンゴ共和国で、黒魔術の儀式に使う目的で人体の一部を刈り取る窃盗団が横行したというニュースも報道されました。人間が黒魔術の力でヤギに化けるなんて…と思われるかもしれませんが、それがアフリカンカルチャーなのです。ヤギの容疑が早く晴れる事を祈るばかりです。

HOME > 会話アイテム > 地域

NEW PARTY

ABOUT PARTY
INTERVIEW
PREPARING FOR THE PARTY
AT THE PARTY
AFTER THE PARTY
PARTY TECHNIC
TALK ITEM
CELEBRITY STYLE
PARTY参加前に美女力UP
おすすめレストラン
PARTY参加前に占いチェック スタッフブログ privacy mark
ページトップへ